インド取材.撮影.インドでのリサーチ.アポ.PR.ロケトータルサポート.販促プロモーション.TVCM.PV製作.映画製作.インド大使館取材許可
ホームページ: http://indoaaa.googlepages.com http://bangaloremedia.jp/ Email: indiafilms@vsnl.net
当社のネットワーク

アクシャヤ・トゥリティーヤのお祭り

アクシャヤはサンスクリット語で決して衰えないということを意味しています。またこのお祭りの日は幸運や成功や幸福を自分の生活にもたらすと信じています。そしてお祭りの日に金を買う事が伝統的に行われています。人々は新しいビジネスをスタートさせたり、新しく建物を建てたり、様々な大切な事をアクシャヤ・トゥリティーヤの日にします。信心深い人たちはヒンドゥー教の神のラクシュミーが彫られた金貨や神々が彫られた金の延べ棒を買ったりします。



だから金貨や金の延べ棒や結婚式で使われるジュエリーなどは、アクシャヤ・トゥリティーヤの期間にあっという間に値上がりします。

インドでは、アクシャヤ・トゥリティーヤのお祭りのほかにダンテ―ラスの祭りやディワリのお祭りの日にも金を買います。

お祭りの間オンラインのジュエリーサイトは金のジュエリーの需要が跳ね上がります。しかし今年は実際のジュエリー・ショップの売り上げはとても悲しいものがありました。

―オンライン ジュエリー サイト
特に金のチェーンやネックレスなどの22カラットのジュエリーへの需要が多くあったようです。

ここ二年間ビジネスは成長し続けています。去年にくらべてアクシャヤ・トゥリティーヤの日に6度ほど販売量が伸びあがりました。
―実際のジュエリーショップ
しかしながら実際のジュエリーショップでは今年は最悪なスタートとなりました。販売員たちは3月2日に、銀のジュエリーでないアイテムにさえも1パーセントのタックスをかけるという税制に対抗してストライキを決定しました。それは45日間ほど続きました。その期間はジュエリー業界としては大変な損失を被りました。販売員たちは毎年アクシャヤ・トゥリティーヤの祭りは販売量が跳ね上がるのでとても期待していました。しかし今年はストライキの影響でそんなに期待ができませんでした。販売員たちは言います。ストライキの最中も、高い価格はとても魅力的で、その価値はどんどん上がっていると。


組合は金の価格が日に日に上がっていくことを期待しています。去年のアクシャヤ・トゥリティーヤの祭りでは金の価格は10グラム27000ルピーでしたが、今年はなんと10グラム30000ルピーまでになっています。

アクシャヤ・トゥリティーヤの祭りの取材の際は是非サプタム・インターナショナルをよろしくお願いいたします。

インドロケのアポイントメント、コーディネートお任せください。
日本人スタッフ常駐、日本語が喋れるインド人コーディネーターもおりますのでお気軽にご相談ください。全て日本語で対応いたします。

Copyright@ サプタム インターナショナル 、インド