インド取材.撮影.インドでのリサーチ.アポ.PR.ロケトータルサポート.販促プロモーション.TVCM.PV製作.映画製作.インド大使館取材許可
ホームページ: http://indoaaa.googlepages.com http://bangaloremedia.jp/ Email: indiafilms@vsnl.net
当社のネットワーク

美しきチャッティースガルの部族の惑星へようこそ

チャッティースガルの鉱物の宝庫であるこの土地は、多様な文化の遺産を育んでいます。チャッティースガルと部族の文化は、インドで三番目の人口を持つこの州は部族によるものが多く、チャッティースガルと言えば、ほとんどの意味するところは部族のことです。

チャッティースガル州の部族は、主にジャングルの中に住んでいるユニークな生活を送っています。この州のバスター地方に住んでいる人々の70パーセント以上は部族で構成されていて、それは、チャッティースガル州の部族の人口の26.76パーセントを占めています。彼らは伝統的な儀式と迷信が同居しているユニークな生活スタイルです。彼らはフレンドリーでとても陽気で、勤勉です。たとえ貧乏で何も持たなくとも。彼らはどんな状況にあっても楽しんで生活を送っています。食事、飲み物、音楽、ダンス、陽気さ、これらにいろいろな色彩が加わります。そしてシンプルな生活もまた素敵です。部族の女性たちはエスニックなジュエリーをつけるのが好きです。

インドのチャッティースガルの部族を取材したい!ならサプタムインターナショナルへお問い合わせください。インドロケのアポイントメント、コーディネートお任せください。日本人スタッフ常駐、日本語が喋れるインド人コーディネーターもおりますのでお気軽にご相談ください。全て日本語で対応いたします。 説明はこのくらいにして。。



もし時間が突然ゆっくりとしか進まなくなったらあなたはどうするでしょうか?ここのすばらしき田園風景は、何マイルにわたって広げられた大きな大きな絨毯のようです。遠くから聞こえてくる鳥たちのさえずりと滝が落ちるときの爆音は、神秘な空間にある種のリズムを作っています。ここの土地の砂の香りは、旅情をそそらせます。あなたが一人で神秘的な森の中に入って行ったとしても、美しき部族のコミュニティは笑顔であなたを迎えてくれるでしょう。「ようこそ、バスターへ。そしてこの美しきインドの中にある惑星へ!」

バスター地方は、チャッティースガルの部族の秘密を良く知っています。数え切れないほどの素晴らしい宝物があり、誰も見つけることができないそれらの驚くべきものがあり、バスター地方は密林の中にそれらを誇示し、カンガー・バレー国立公園があり、洞窟があり、滝があり、色彩豊かなお祭りがあり、この上なくすばらしいハンディクラフトがあり、古くからの素晴らしい文化を持った驚くべきシンプルな生活を送っている部族がいます。そして40ほどの部族のコミュニティがあります。バスターでよく知られている部族のコミュニティーは、ビソン・ホーン・マリア、アブフジュ・マリア、ムリア、バトラ、ドゥルバ、ハルバ、ドルラ、ガドバです。バスター地方はカンカーから始まり、部族たちが住むコンドガオンからナラヤンプルに続くケシカル・バレーを越えます。

実際、チャッティースガル州は未だインドの人気がある観光地には考えられていません。あなたがこのインドの宝石といわれるチャッティースガルを経験しなければ、あまり知られていないこのミステリアスな土地を想像することもできないでしょう。私の最新のチャッティースガル州の旅は、まったくもって新しい世界を私に開いてくれました。この世界は豊富な文化があるだけではなく、芸術と文化と部族のコミュニティに触れることで、時間に追い立てられない素朴で自然な美しさを私に教えてくれた気がします。私達が無視できない

この驚くべき土地の姿を、チャッティースガル州は私たちに示してるようです。

“ローカル部族の文化は、毎週、バスター地方のハート・マーケットで見ることができます“

インドのハート・マーケットを取材したい!なら当社へお問い合わせください。リサーチ,通訳,カルネの手配,撮影許可の手配はお任せください。



私がこの土地へ行くと一歩一歩に魅了されました。私に魔法をかけたそれらは、バスター地区の部族文化でした。バスターで私が始めて部族に会ったのは、毎週行われるハート・マーケットでです。この毎週行われるマーケットは、部族にとってのリクリエーションの場所であったり、交流の場所であったり、仕事の場所であったりします。



この市場は部族の人たちが、地方で作られた野菜やローカルな飲み物や化粧品やフライド・スナックなどを売るために遠くから来ています。それはとても活気がある場所を部族たちに与えています。私はかわいらしい部族の女性たちと交流する素晴らしい時間を手にしました。そして野菜を売ったり、マフアと呼ばれる人気のある飲み物を売ったりしました。



興味深いことには、私はマフア・ドリンクがバスター地区のいろんなところで取れるマフアと呼ばれる花から作られていることを知りました。

インドのマフア・ドリンクを調べたい!なら当社へお問い合わせください。また様々な取材のコーディネート、モデルの肖像権使用、コンテンツの著作権使用のアレンジをいたします。

基本的に花はこの飲み物を作るために摘まれます。私はハート・マーケットの女性部族の方からマフア・ドリンクを飲むように薦められたので飲んでみました。私はあなたにそれはそれは夢中になるほどの飲み物だよと言うでしょう。でもマーケットではそれだけではなく、楽しくて、人気のある軍鶏のバトルも見ることができました。それはバスター地方の部族の文化のアイデンティティでもあるのです。短い時間だったけど、私は部族と過ごした時間を堪能しました。私はもっと奥の森へ入っていって、部族の人々の素朴な生活を経験するために長くすごす決心をしました。

私はマウリパダルと呼ばれているバスター地方の村を訪れました。そこのドゥルバー族はユニークな生活スタイルを持っています。私は森の奥深くに移動していき、謎につつまれたすべての場所を通過していきました。午前11時半ごろ、私は行くべき場所へたどり着きました。私は部族家族から暖かいお出迎えを受けました。私が家族長に森の中へ同行してくれるように頼んだとき、驚いたことがおこりました。赤蟻を集めて、チャプラと呼ばれる人気のチャツネを作ったのです。特別に接してもらった経験は、私にとってスリルそのものでした。私は家に帰る途中の何人かの女性に会ったりしながら森の中へ進んでいきました。女性たちとはお互い言葉が分からないので、笑顔の交換をしました。


“ この美しい旅は、あなたがこの特別な場所への感銘を届けるでしょう。あなたはこの比類なき自然の中へ、自分自身を探すために再び戻ってくるでしょう”

インドのドゥルバー族を撮りたい!なら当社へお問い合わせください。またインドロケの機材,スチール撮影,TV撮影,ドキュメンタリー撮影のバックアップをいたします。

私は木にひょいと簡単に上ってしまう男に感銘を受けました。その男は2,3分で木の頂上まで行くと赤蟻を集め始めました。



私はチャッティースガルの付き添いのガイドとともに、そう名前はアウェシュ・アリと言ったかな、村に戻りました。彼は人々の間では各部族が森のどこにいるか一番良く知っている男として有名でした。私は彼と歩いている間、ミステリアスで誰からもしばられない部族の言葉を教えてもらいました。

インドは彼らを野生の中に押し込みました。部族の社会は未だ大昔の文化や風習の中で生きています。私は彼らの結婚式の風習にも大変驚きました。その結婚式のすべての進め方はとても自然でとてもユニークでした。バスター地方の部族社会の結婚式では、若い世代、特にまだ結婚していない男性や女性は自由にパートナーを選ぶことができるのです。ここは、彼ら自身のパートナーを見つける特別な場所なので、マリア族のためのゴートゥルと呼ばれています。

驚くべきことに、若い結婚していない男性や女性は、一日の家族の仕事が終わると、ゴートゥルに滞在します。彼らは出会い、歌ったり、踊ったりします。ここでお互いに特別な時間を持つのです。よく言われることは、男性と女性は自分たちでこしらえた一番言い服を着て、このゴートゥルでロマンスを語るのです。女性は伝統的なジュエリーや頭の飾りを身に着けて色鮮やかに着飾り、彼女らの髪結いのためのマフアの花も彼女を美しくしています。彼らは、ゴートゥルにあるお互いに知っている自由な場所で、夜を過ごします。一度彼らが結婚すると決心しましたら、家に戻り結婚するよと両親に報告します。それでかれらは解放されるのです。彼らの深い森の中での経験は、親から巣立って独立する意味もあるのです。

伝統では、若い男女の親が、彼らの子供をゴートゥルに送らなければならないのです。もし彼らが子供を送らなかった場合、彼らはたくさんのマフア・ドリンクとたくさんのお米と山羊などを払わなければなりません。そのことだけではなく、私は結婚の時の持参金制度にも驚いています。私はこのインドの新婦が新郎に差し出す持参金制度は好きではありません。ここでは逆に新郎側が新婦に貢物を渡しています。しかしここでの貢物の高いものは意味がありません。米や山羊やマフアの花やローカル・ドリンクなどが良く使われています。私はこの風習にも魅せられました。

“バスター地方の部族の文化のアイデンティティであるタトゥーは最も重要な要素の一つです”



興味あることに彼らのアイデンティティである重要な要素の一つはタトゥーです。部族ごとがタトゥーで見分けることができるのです。お互いに簡単にコミュニティを識別できる方法です。結婚の前に、新婦はタトゥーが必要だと信じられていました。伝統的にもし新婦にタトゥーがなかったら、彼女の両親は莫大なお金を、新郎側に支払わなければなりません。タトゥーはここではボディアートとは考えられていません。もっと深い意味があると考えられています。ジュエリーを通すと新婦の美しさが増します。しかしそれらは一時的だと、彼らは考えています。タトゥーは一生、女性の体にジュエリーのように残ると考えられています。だからタトゥーは、来世への旅にもずっとついていくことができるものだと考えられています。彼らの伝統によると、タトゥーは天国に行くために欠かすことができないものだと考えられています。私は言葉が出ませんでした。ずっと触れることがなかった何世紀も続いているコミュニティは、私たちの現代という価値観を超越しています。

“21世紀の現代でさえも、教育が行き届いてる中で育った人々は、ステレオタイプであるにもかかわらず、現代化の光からはるか離れたこのコミュニティの結婚に至るプロセスが、何か違和感のある現代の精神の形に、一石を投じていることを考えずにはいられないでしょう。”

インドの部族のタトゥーを調べたい!なら当社へお問い合わせください。またインドロケの映画撮影,ロケバス,照明器具,モデルの手配もやっております。



バスター・ドゥッセーラとは、75日間ぶっ続けで行われる世界で一番長いフェスティバルです。

もしあなたがコミュニティのことをもっと良く知りたいのであれば、フェスティバルに参加するべきです。バスター地方は、世界で一番長いフェスティバルの見事なバスター・ドゥッセーラがあることで知られています。バスター・ドゥッセーラは伝統、儀式、文化を祝う行事として75日間続けられます。バスター・ドゥッセーラは800年前に始まった“シリ・ダンテシュワリ・マイ”というローカルな神々を祝うことから始まりました。



ジャグダルプルのほとんどのエリアで、色とりどりな色彩を伴った様々な文化の催し物が行われます。17世紀、ジャグダルプルですでにドゥッセーラが始まっており、以来バスター・ドゥッセーラとして知られていて、ここはダルパット・デヴ王の支配下でした。王は、フェスティバルに部族のコミュニティを参加させることで、彼らを勇気付けました。それ以来、フェスティバルはジャグダルプル・ドゥッセーラという名前でも知られるようになりました。今日でさえも、ドゥッセーラエリアのお寺のすべての儀式は、ダンテシュワリ・マー寺のために、もっとも位の高い聖職者であるバスター王が執り行なうと考えられています。フェスティバルのハイライトは、8つや4つのタイヤをもち花で飾られているデッキ付きの御輿が登場し、その御輿は人々に取り囲まれながら街を練り歩きます。それは本当に見ていて楽しいものです。最後の日のドゥッセーラは、現地の言葉で“バハール・レイニ”と呼ばれています。



興味深いことに、御輿は、主にジャル・ウマドとベダ・ウマドという名の二つの村の部族の職人によって作られます。



これらの二つの村からの140もの部族が、600年もの間、バスター・ドゥッセーラのために、毎年御輿を作ってきました。予備知識がないと、私のすくい上げた指の間から時間が零れ落ちてゆきます。家族とともに家にいて、彼らの日常を見ている時、部族のライフスタイルが、それがほんの一瞬でも、私の心の隅っこに、いつも特別な感覚として残っています。

インドのバスター・ドゥッセーラを雑誌記事にしたい!なら当社へお問い合わせください。またインドロケのメークアップアーティスト,ヘアーデザイナー,コスチュームデザイナー,衣装の手配をサポートいたします。



私はドゥルバ族のローカルな優雅さで作られる料理に圧倒させられています。私は、何かを質問しようと、彼らの本物のご飯やダルやアマトゥを味見した時、まったく声がでませんでした。この世にこんな旨いものがあるのかと。。



私は彼らのホスピタリティにも感動しています。葉っぱのお皿とサールの木の葉っぱから作られたボウルで、家族と一緒に料理を作ったことは、普段ではでき得ない素晴らしい経験でした。でもこれが終わりではなかったのです。私は心行くまで楽しみます。チトラコッテで、ムリア族のダンスを経験したのです。



シルバー・ジュエリーを身に付け、エスニックな衣装に身を包んだ女性はとても華麗に見えました。しかし何が私を一番魅了したかと言うと、ムリアの男の子が、静けさを破り、音楽の中リズムを取りながらダンスを始めた時でした。私は、森の中で彼らが蛇にかまれないように竹馬で歩く習慣があり、それがダンスに取り入れられたことを知りました。バスターでの最終日はとても美しい日になりました。 ”毎週ハートでは、バスターの部族会議が行われています。純粋な部族の中で一番感じたことは、ドゥルバ族の家の中で優美に生活したり、赤蟻を捕まえるために森の奥深くまで歩いたりするなどの、バスター地方の部族のライフスタイルを知ることが、非常にやりがいのある経験だったという事です。”私は違う文化がある新しい世界を彼らに紹介しませんでした。様々な場所にこの愛すべき原始的な世界はたくさんあります。バスター地方というところは、いやがおうにも私たちの足をその場所に向かわせる何かがある不思議な場所です。バスター地方は、インドの中で他に見ることができない、いにしえの部族の生活が息づく道を、深い深い懐に抱いている場所なのです”

インドのムリア族のダンスの映画を作りたい!なら当社へお問い合わせください。インドロケの映画撮影,ロケバス,照明器具,モデルの手配はお任せください。

最後にチャッティースガルにある滝の素晴らしさも書いておきます。

チトラコッテの滝

チトラコッテはインドのナイアガラの滝として知られています。インドで一番幅の広い滝です。ジャグダルプルから38キロのところに位置しており、車などでしかアクセスはできません。チトラコッテ・グマルやチトラコッテ・フォールと呼ばれています。鹿が生息していて、昔鹿のことをここではチトラコッテと呼んでいたようです。滝は森に囲まれた場所にありその美しさを見せつけています。 川の水は草木の間や小さい滝をくぐり抜けて95フィートの高さから落ちるその様は、観光客を魅了します。滝の幅は夏の時期に圧倒的に狭くなるのですが、モンスーンの時期の、増量した川が一気に流れ落ちる様は、とても見ごたえがあります。



ティラスガルの滝

カンガー・バレー国立公園の中のジャグダルプルから38キロのところにティラスガルの滝はあります。ここはエコ・ツーリズムの場所としても良く知られています。ティラスガルの滝はチャッティースガルの中でももっとも有名な滝の一つです。広い丘からだんだんに流れ落ちる様はとても印象的な眺めです。空中に広がる水しぶきはムガバハル川からの100フィートの高さからハイスピードで落ちてくるために見られる現象です。その川が流れてくる湖はとても遠くにあります。滝を囲んでいる森も滝の壮言さを演出しています。滝は様々な場所をジグザグに通って流れ落ちてゆきます。またkの場所はシヴァ神とパールバーディが奉られている重要なお寺がある場所でもあります。

インドの滝の番組を作りたい!なら当社へお問い合わせください。またインドロケのプロダクション,ディレクター,レンタルスタジオ,撮影のプロデュースの手配は長年の実績がある当社にお任せください。



当社のサポート内容

インド ,デリー ,南アジア ,アポイント ,コーディネーター ,コーディネーション ,ロケーションコーディネーター ,コーディネート会社 ,ロケサービス ,日本人 ,テレビ番組制作 ,テレビ取材のロケーションコーディネーター ,テレビ取材コーディネーター ,テレビ番組制作コーディネーション ,コーディネートプロダクション ,撮影クルー派遣 ,カメラクルー ,フリーランスカメラマン ,フリーカメラマン ,ビデオカメラマン ,ムービーカメラマン ,カメラマン派遣 ,ビデオカメラマン ,VE ,日本人スタッフ ,映画撮影 ,CM撮影 ,TV撮影 ,ブランドイメージ撮影 ,取材コーディネート ,海外コーディネーター ,海外取材 ,フリーランスコーディネーター ,フリーコーディネーター ,ディレクター ,海外プロダクション ,海外ロケーション サービス ,トイレカー ,海外ロケーションコーディネイト ,海外ロケのコーディネーション ,インドのロケーションコーディネーター ,照明器具 ,ロケサービス ,ロケーションコーディネイト ,ロケーションコーディネート ,ロケーションサービス ,ロケコーディネーション ,ロケハン ,リサーチ ,モデルの手配 ,ロケ現場の撮影コーディネーション ,コーディネートプロダクション ,撮影コーディネートプロダクション ,映像制作プロダクション ,映像制作業界 ,映像制作プロダクション ,海外プロダクション ,メークアップアーティスト ,ヘアーデザイナー, コスチュームデザイナー ,衣装 ,最新の機材カメラ ,スチール写真撮影 ,レンタルスタジオ ,撮影のプロデュース ,撮影コーディネート ,カメアシ ,撮影コーディネーション ,撮影ロケーションコーディネイト ,撮影機材手配 ,カルネの手配 ,映像制作会社 ,映像制作 ,制作会社 ,通訳 ,フィルム ,モデルの肖像権使用リサーチ ,コンテンツの著作権使用リサーチ,番組制作 ,報道 ,ロケバス ,車両 ,列車 ,企業PV ,キャスティング ,4K ,撮影 ,音声 ,許可申請 ,撮影許可 ,ニュース ,バラエティー番組 ,ドキュメンタリー ,コマーシャル ,テレビドラマ ,料理番組 ,グルメ ,スポーツ番組 ,広告撮影 ,技術 ,雑誌撮影 ,記者 ,遠征 ,ジャーナリスト ,フォトグラファー ,インド在住 ,ジャパンエキスポinムンバイ ,ヒンディー語 , ベンガル語 , テルグ語 ,マラーティー語 ,タミル語 ,ウルドゥー語 ,グジャラート語 ,マラヤーラム語 ,カンナダ語 ,オリヤー語 ,パンジャーブ語 ,ビハール語 ,ラージャスターン語 ,アッサム語 ,ビリー語 ,サンタル語 ,カシミール語 , アジャンタ エローラ石窟群 ,アーグラ城塞 , タージマハル , コナーラクのスーリヤ寺院 , マハーバリプラムの建造物群 , カジランガ国立公園 , マナス野生生物保護区 ,ケオラデオ国立公園 , ゴアの教会群と修道院群 , カジュラーホの建造物群 , ハンピの建造物群 , ファテープル・シークリー , パッタダカルの寺院群 , エレファンタ石窟群 , 大チョーラ朝寺院群 , スンダルバンス国立公園 , ナンダ・デヴィ国立公園及び花の谷国立公園 , サーンチーの仏教建造物群 , デリーのフマユーン廟 , デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群 , インドの山岳鉄道群 , ブッダガヤの大菩提寺 , ビンベットカのロック・シェルター群 , チャンパネール=パーヴァガドゥ遺跡公園 , チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅 , 赤い城の建造物群 ,など

Copyright@ サプタム インターナショナル 、インド