インド取材.撮影.インドでのリサーチ.アポ.PR.ロケトータルサポート.販促プロモーション.TVCM.PV製作.映画製作.インド大使館取材許可
ホームページ: http://indoaaa.googlepages.com http://bangaloremedia.jp/ Email: indiafilms@vsnl.net
当社のネットワーク

インドであなたがモンスーンシーズンに行くべき7つのフラワー・マーケット

あなたのインド旅行がモンスーンシーズンにぶつかりました。さてどうしましょう?心配はご無用!あなたはとてもラッキーだと思う。モンスーン中にいながらにして、とても自然でベストチョイスな体験ができるんだもの。モンスーンはインドをとても美しくいきいきとさせる。滝、丘にある駅、遺跡たちなど、みんな色鮮やに輝きだし私たちを迎えてくれるんだもの。とりあえずあなたが今いるデリーのフラワーマーケットにでも行ってみましょうか。こんなに朝早いのにお花屋さんがひしめいている。あなたは夜に楽しみすぎて疲れ切っているかもしれない。でもあなたはモンスーンの朝にインドのフラワーマーケットに行くとそんな感覚は吹っ飛んでいく。待ってて、いまから鳥たちがインドの7つのマーケットにあなたをいざなってくれて、あなたのなぜをすべて解決してくれるわよ。


カシミール・フラワーマーケット

カシミールのダル湖にあるこの水上マーケットでは、船の上の満開の花にあなたは目を奪われるでしょうね。花束を積んだ船が湖を行きかう姿にあなたは、写真を撮らずにはいられなくなるわ。朝のダル湖はとても静かね。この静けさを破ることができるのは船が水面をゆったりと漂う音だけ。ダル湖が朝の柔らかな時間にその眠たげな頭を持ち上げるとき、船いっぱいの花たちが話し始めるの。


コルカタ・フラワーマーケット



イコニック・ハウラ橋の下のムリク・ギャットはコルカタのガンジス川沿いのとても大きなフラワーマーケットなの。川沿いのロケーションは旅するものにとってはとては旅情を感じるのね。特に写真家には人気だわ。ムリク・ギャッとではオレンジ、イエローのマリーゴールドなどいろんな色と種類の花々が売られていて、人々の足を止めるの。このコルカタのフラワーマーケットは町やスバルバン・エリアや西ベンガル州全体に花たちが運ばれていくわ。ドゥルガ・プージャやカリ・プージャやラクシミ・プージャのようなお祭りの日は、マーケットは24時間営業ね。特に朝の時間は一番賑やかだわ。

デリー・フラワーマーケット



プールマンディのようなフラワーマーケットは旅人の間では、デリー来ると必ず行かなくてはならない場所として、とても良く知られているの。もしあなたが香りや色からセンセーショナルな幸せを感じたいなら、あなたのそのわくわく感につつまれつつ、朝早くにガジプールにあるデリー・フラワーマーケットに行くべきよ。フラワーマーケットがガジプールに移る前は、コンノートプレースやメラウリやファッチェ・プリが人気の場所だったわ。アショク・ナガルのメトロ駅から近いし、プールマンディでは、今やバラやランやハスの花やユリなどのありとあらゆる花たちが売られているのね。

ムンバイ・フラワーマーケット



ムンバイで最も色鮮やかでかつとても大きなマーケットは、あけぼに開き始める前のつぼみのような、ダドラ・フラワーマーケットね。編み上げられた600以上のバスケットがところ狭しと並んであたかも迷宮に迷い込んだ子猫のような気持ちだわ。バラの美しさやジャスミンの香りは、ダドラ・マーケットでは最も魅力的な場面の一つよ。朝4時から9時までは花がたくさん見られる時間帯ね。そして強烈な花たちの香りや人々の早い店舗の生活が印象的でもあったわ。モンスーンのシーズン中のダドラ・マーケットの花たちの存在は写真家たちをも惹きつけるのね。

マドライ・フラワーマーケット



あなたがマドライの事を考えるとき、なにが心に浮かんでくるの?もちろん、それはお寺だったりするわね。だってマドライはタミル・ナドゥ州の中にあって、とてもよく知られているお寺があるものね。ミーナクシ・テンプルは旅人の中でも最も魅力的な場所の一つよ。でも南インドのフラワーマーケットを知っている旅人は少ないわ。ミーナクシ・テンプルが魅力的な場所だというのと同じくらい、このフラワーマーケットのコラージュされた色とりどりの場所は、とても素敵な場所なの。フラワーマーケットのとてもたくさんの花たちはもちろん私たちの目を止めらせるわ。そうマドライのフラワーマーケットはバラやジャスミンがちょっとしたホットケーキが売られるように売られているの。そしてここではジャスミンはマドライの花としても知られているわ。

ハイデラバード・フラワーマーケット



グディマルカプールとジャンバッフはハイデラバードの町でもとても大きなフラワーマーケットよ。マーケットはこの美しい街のように美しいわ。ニザーム王国の時代より続くこのマーケットはハイデラバードの人々にとても愛されるの。朝の花の売り子たちははんなりと頬がバラの色をしていて行きかう人に笑顔を届けるわ。マーケットの花々は町の花屋さんなどに売られていくのね。グディマルカプールとジャンバッフ・マーケットの売り場の中の白や赤の花たちの美しさは、特にきれいでいつもため息が出てしまうの。 .

バンガロール・フラワーマーケット



あなたが朝の新鮮な空気を吸うためにバンガロールの町を歩くのなら、フラワーマーケットに行くべきよ。場所はジャーマ・マスジドとアベニュー・ロードの間にあるわ。マーケットは朝4時から7時までの短い時間の間だけなの。ジャーマ・マスジドからアベニュー・ロードの間の道の片側に色とりどりな店が並んでいて、そこに若い子からお年寄りまでが花の売り子として座っているの。マーケットの空気たちも花たちのそのかぐわしさにとろとろになっているのが見えるわ。

Copyright@ サプタム インターナショナル 、インド