インド取材.撮影.インドでのリサーチ.アポ.PR.ロケトータルサポート.販促プロモーション.TVCM.PV製作.映画製作.インド大使館取材許可
ホームページ: http://indoaaa.googlepages.com http://bangaloremedia.jp/ Email: indiafilms@vsnl.net
当社のネットワーク

インド初の高速鉄道が2023年開業予定です。
ムンバイ(Mumbai)~アーメダバード(Ahmedabad)間の
約500kmを約2時間で移動できるとして、国民の期待感が増しています。

そんな今注目の都市、アーメダバードで皆さんも撮影してみませんか?
今回はそんなアーメダバードのとっておき撮影スポットをご紹介します。

これからどんどん発展してゆく街ですので、
多くのオフィスビルや商業施設が建設ラッシュでした。
新幹線が開業するころには全く違う街に変貌する予感です!!

こちらはとある建設中のオフィスビルの屋上。

街の中心を流れるサパーマティ川と緑に囲まれた街並みが何とも美しい!!
まだまだ高層ビルが少ないので(夏の暑さ対策でもありますが…)
開放感のあるビューです。

もう一つのおススメはサパーマティ川の対岸のビルからのシティビュー。
こちらは役所の建物で、多くの方が働いていますが特別に屋上を案内してもらいました!

こちらからはアメーダバードの駅方向。
駅を中心に外側へ新しい街が作られているので、こちらはまだレトロな街並みビューです。
このビルを境に東西がまるで違う、穴場スポットです。

----------------------------
今後が注目のアーメダバードで映画・CMの撮影をしてみませんか?
ご希望のロケ場所や今しか見れない穴場スポットもサプタムが交渉致します!!
----------------------------

続いては、観光客の方にも人気のヘリテージホテルです。
アーメダバード唯一のヘリテージホテル「House of MG 」は1920年に建てられたホテルで、街の中心部にあるのにとっても優美な時間が流れる場所です。


内装には、グジャラートの伝統的なテキスタイルが使われ、どこを撮っても画になります。
外観はイギリス植民地時代の面影を感じますが、
装飾品がことごとくインド好きのココロを刺激します。

入り口にあるルーフの柱にはインドのコインがびっしりと!!
そしてこのホテルの向かいには庶民派でローカルに人気の食堂があります。 名前は「LUCKY RESTAUTANT」

なんと棺桶が!!!!!!!
飲食店の中にそんなお墓があるとか、サイズ的にも小さいので、
私はレプリカか何かかと信じておりませんでしたが、
ガチで本物の棺桶だそうです!!!

元々イスラム教徒の墓地があった場所に、こちらのレストランが作られました。
通常、墓地を取り壊したり、場所を移したりするものですが、
お墓をそのまま置いておくというスタイルで営業を始めたら、
これがお客さんにウケて大人気になったそうです。

棺桶内の人々は16世紀頃の方々だそうで全部で12人分店内に配置されています。
鉄の柵で囲まれ、間違って踏んだり、触ったりしないよう守られています。

店主によると「このお墓の人々は幸運をもたらしてくれる」そうで、
社長があんなに写真を撮りたがっていた理由は、
実際にここで撮影した後、とっても良い知らせが飛び込んできたのですって!!

アーメダバードへ行ったら、
ラッキーレストランは外せませんね!!!

----------------------------
インドでドキュメンタリー映画を撮影してみませんか?
インド人へのインタビューは通訳も弊社へご相談ください!!
----------------------------

Copyright@ サプタム インターナショナル 、インド