インド取材.撮影.インドでのリサーチ.アポ.PR.ロケトータルサポート.販促プロモーション.TVCM.PV製作.映画製作.インド大使館取材許可
ホームページ: http://indoaaa.googlepages.com http://bangaloremedia.jp/ Email: indiafilms@vsnl.net
当社のネットワーク

2015年
■ 06/14: 【インドを知る】インドの結婚式に行ってきました!




ナマステみなさま!
6月も中ほどに入って、​日本も少し暑い日が出て来たようですね。
デリーは雨が降る日もちらほら。
雨が降った後の外は涼しく感じるので、雨の日も悪くないです。


今回は、インドの結婚式についてです。

皆さん、インドの結婚式についてどういうイメージをお持ちでしょうか?

豪華絢爛な結婚式をテレビなどでご覧になったことがある方もいらっしゃるのでは?


最近、周りでは、挙式ラッシュです。


街を歩いていても結婚式のパレードを見かけますし、
弊社の男性スタッフも自分の結婚式で田舎に帰っていたり、
親戚の結婚式に出席したよーなんて女性スタッフが写真をみせてくれたり。

インドの結婚式は、なんと年収の4倍もの費用をかけて行うそう。
日本の結婚式は4時間程に対して、インドは3日〜7日間!
本人たちはもちろん、親戚中の一大イベントですね。

花嫁も花婿も参列者も、派手に着飾り踊りまくる!
花婿が象や馬に乗って登場する!
と聞いたり、映画でみていたので


行ってみたいなーと社長バルマにつぶやいたところ、、、


「あさって行く?!」


(え?!そんな飲みに行くみたいに気軽に行けるんか.....一生に一度の大事な人様の式に関係ない私が行っていいものか....)


と完全に部外者の私は内心ドキドキしながらも、

初めてインドの結婚式に参列してきましたー!


そんな豪華な結婚式を、今回はたくさんの写真とともに紹介していきます★


6月の初旬。
会場は、デリーのとあるホール。






夕方頃から開場している、とのことでしたが、
予想通り、我々が到着した8時頃はゲストはほぼゼロ。
(インドでは、集まりに遅刻して行くぐらいがちょうどよい場合が多い)


入り口近くのドリンクコーナーやスナックコーナーで飲み物やスナックをもらって、ゲストが集まるのを待ちます。



基本的にインドの人はお酒をのまないので、
コーラ、リムカ(インドではメジャーなコカコーラ社のライムソーダ)、フルーツシェイクなどがドリンクバーに並びます。



スナックは、フライドポテト、チャパティ、カレー、サモサなど、インド料理がメイン。
このあとにメインの料理もあると聞いていたので、控えめに頂きました。


ゲストがちらほら集まり始めました。


みなさん、華やかにドレスアップされています。


既婚女性はサリーか、ドレス。
未婚女性はドレスを着ている人が多い。



皆、すねくらいまでの長さのドレスの下に、ドレスにマッチした色のレギンスを履いています。
脚を見せているひとはほぼいません。
ピアス、ネックレス、ブレスレットなどアクセサリーもきらびやか。

鼻ピアスをしている女性は、基本的に既婚だそう。
メヘンディとよばれる、ヘナで描いた数週間後に消えるタトゥーをしている女性も。
ビンディというおでこの飾りも様々です。

弊社の女性スタッフによると、近しい関係にあたる人の結婚式ほど、
自分も着飾っていくそうです。
日本で、家族の結婚式だと留袖や振り袖を着るのと似てる感覚かな?!


そうこうしているうちに、太鼓の音が聞こえて来ました!

セレモニーの始まりは、新郎が鼓笛隊のパレードと共に馬車にのって登場します。




豪華な飾りのついた傘、太鼓や笛、シンバルを持った人々。


けっこうなボリュームの音楽と共に、会場の外からパレードが練り歩いてくるのですが、

会場の人に聞くと夜10時まではご近所さんもOK。とのこと。




新郎を取り囲んで、いえーい!
乗っている人は、おそらくヒーロー気分でしょう。



馬車を率いている馬も、この日ばかりはおめかし。



カラフルなドレスをまとった女性たちが踊ります。



みんなカラフルなドレスで可愛い!!




黄色いシャツの鼓笛隊のおじさん、とっても元気で
日本人スタッフ林も、輪の中心で強制的にダンスを踊らされました。笑


もうこの時点で午後9時過ぎ。



パレードが会場前に到着し、人でごったがえした状態に。


新郎が会場前に到着後も、すぐには中に入れません。

ここで儀式があります。

新郎が新婦側にお金を渡し、新婦側が納得する額だとやっと会場に入れてもらえるそう。(形式上の話です)



お札が音楽に載せて、どんどんばらまかれます!




おじさまたちも陽気にダンス・ダンス・ダンス!!




やっと入場。この日は2台のビデオカメラ、2台のカメラが会場でスタンバイ。
記者会見並みに主役をパシャパシャ撮影してました。



お待ちかねの、新婦登場。女性の親族に付き添われています。





花嫁のドレスには沢山のきらびやかな飾り。あらゆるアクセサリーをつけているので、
かなりの重さだそう。



上の写真では少し見えにくいですが、腕にびっしりとメヘンディ(ヘナタトゥー)を施しています。
ペイズリーや様々な植物の模様。
メヘンディそのものに吉祥の意味合いがあるそう。


衣装が重いので、会場を少しずつ進み、やっと新郎のもとへ。
感動的なBGMとともに、新しく夫婦になる2人がご対面です。





そして、ここからまた撮影大会!!







DJブース前で踊る子どもたち。
DJがいて、インドのクラブ音楽がずっと大音量で流れていました。


このあとは、2階のビュッフェスペースにおのおの移動し、
食事を摂りたい人はとっていました。
様々なカレー、チャパティ、サラダ、アイスクリームなどがあり、どれも美味しかった。
新郎新婦のどちらかがベジタリアンの場合はベジ料理(肉を使わない料理)のみの場合もあるそう。

もう、この時点で12時を過ぎていたのでおいとましましたが、
この宴は朝まで続くそう。

みんな超ーーーパワフル!!

インドの結婚式はお金も沢山かかりますが、体力勝負でもありますね。


参加してみて、今回の結婚式は

・パレード
・儀式
・写真撮影
・スナック、ビュッフェ
・ダンス

これらの要素で構成されていました。

もっと他にも儀式の類いはあるようで、
前日には新郎新婦はターメリックを顔に塗って頭の上からミルクをかけたり、
朝方に新婦と家族の感動の別れがあったりと、 ドラマティックなシーンがたくさんあると聞きました。

地方や宗教によっても儀式は違うよう。

日本で一般的な西洋式のウエディングも素敵ですが、
インドでは、今回のような伝統的なインディアンスタイルの結婚式を選ぶカップルが多いと聞き、伝統が引き継がれていていいなあと思いました。
インド人にとって宗教が根深いことが、結婚式にも関係しているのだと思います



日本の結婚式は全体的に厳かで、会社関係の上司の挨拶、新郎の父親の挨拶、新婦の両親の手紙など、披露宴の項目がかなりはっきりと構成されていますが、

今回は見た限りはそういった項目は無く、ゲストの皆さん比較的に自由に楽しまれていました。(新郎新婦が写真撮ってる横で自由にみんな踊っている。)


なにはともあれ、2人の門出を祝福したいという気持ちは日本もインドも一緒、お国は違っても結婚式って素敵だなと〜感じました。
毎回行くたびに思いますが。

次は体力を十分にして、是非朝までいたいと思うのでありました。


今回結婚式に参加させてくれたお2人、ほんとうにおめでとうございます!

末永くお幸せに・・・・・☆



【ご案内】

インドでのセレモニーのことなら、是非サプタムインターナショナルにお任せ下さい。

インドの結婚式やお祭りなどの撮影・リサーチ、インドで結婚式を挙げたいお客様も是非ご相談下さい。現地スタッフならではの人脈・対応力で素晴らしい撮影・イベントのお手伝いを致します。

まずはお電話・メールにてお気軽にご相談下さい!日本語で迅速丁寧に対応致します。

キーワード:インド挙式、インド結婚式、海外挙式、海外ウエディング、インド人結婚式、インドお祭り

◯ブログ記事一覧に戻る◯

Copyright@ サプタム インターナショナル 、インド