インド取材.撮影.インドでのリサーチ.アポ.PR.ロケトータルサポート.販促プロモーション.TVCM.PV製作.映画製作.インド大使館取材許可
ホームページ: http://indoaaa.googlepages.com http://bangaloremedia.jp/ Email: indiafilms@vsnl.net
当社のネットワーク

マンゴーを巡るインドの旅

マンゴーと言えばインド、インドと言えばマンゴー。インドでは紀元前4000年以上前からマンゴーの栽培が始まっており、マンゴーはインド発祥とされています。現在も世界一の生産高を誇ります。

さあマンゴーを巡るインドの旅に出てみましょう。

下のリストはインドの各州ごとにとれるマンゴーの銘柄です。すごい種類の銘柄がありますね。世界ではワインを巡る旅が有名ですけれど、インドではもっぱらマンゴーを巡る旅をお勧めします。とても楽しい旅ですね。

アンドラ・プラディッシュ州/AP州(Andhra Pradesh)―アルンプール(Allumpur), バネシャン( Baneshan), バンガナップアリ(Banganapalli), バンガローラ( Bangalora), チェルクラサム(Cherukurasam), ヒマユディン(Himayuddin), スヴェルナレカ(Suvernarekha),ニールム( Neelum), トタプリ(Totapuri)

ビハール州(Bihar)―バトゥア(Bathua),ボンバイ( Bombai), ヒムサガル(Himsagar), キシェンボグ(Kishen Bhog), スクル(Sukul),グラブカス( Gulab Khas), ザルダル(Zardalu), ラングラ(Langra),チャウサ( Chausa),ダシェハリ( Dashehari), ファズリ(Fazli)

ゴア(Goa)―フェルナンディン(Fernandin),マンクラド(Mankurad)

グジャラート州(Gujarat)―アルフォンソ(Alphonso),ケサール( Kesar), ラジャプリ(Rajapuri), ヴァンラジ(Vanraj), ジャマアダル(Jamadar),トタプリ( Totapuri),ニールム( Neelum),ダシェハリ( Dashehari),ラングラ(Langra)

ハリヤナ州(Haryana)―ダシェハリ(Dashehari),ラングラ( Langra),サラウリ( Sarauli), チャウサ(Chausa),ファズリ( Fazli)

ヒマーチャル・プラデーシュ州(Himachal Pradesh)―チャウサ(Chausa),ダシェハリ (Dashehari), ラングラ(Langra)

ジャールカンド州(Jharkhand)―ジャルダル(Jardalu),アムラパリ( Amrapalli),マリカ( Mallika),ボンバリ( Bombai),ラングラ( Langra),ヒムサガル( Himsagar),チャウサ( Chausa),グラブカス( Gulabkhas)

カルナータカ州(Karnataka)―アルフォンソ(Alphonso),バンガローラ( Bangalora), ムルゴア(Mulgoa),ネールム( Neelum),パイリ( Pairi), バガナプアリ(Baganapalli),トタプリ( Totapuri)

ケララ州(Kerala)―ムンダッパ(Mundappa),オロウル( Olour),パイリ( Pairi)

マディヤ・プラデシュ州(Madhya Pradesh)―アルフォンソ(Alphonso),ボンベイ・グリーン( Bombay Green),ラングラ( Langra), スンデルジャ(Sunderja),ダシェハリ( Dashehari), ファズリ(Fazli), ネールム(Neelum),アムラパリ( Amrapalli), マリカ(Mallika)

マハーラシュトラ州(Maharashtra)―アルフォンソ(Alphonso),マンクラド( Mankurad), ムルゴア(Mulgoa), パイリ(Pairi),ラジャプリ( Rajapuri), ケサル(Kesar),グラビ( Gulabi), ヴァンラジ(Vanraj)

オリッサ州(Orissa)―バネシャン(Baneshan),ラングラ( Langra), ネールム(Neelum),スヴァルナレカ( Suvarnarekha),アムラパリ( Amrapalli),マリカ( Mallika)

パンジャブ州(Punjab)―ダシェハリ(Dashehari),ラングラ( Langra), チャウサ(Chausa),マルダ( Malda)

ラジャスターン州(Rajasthan)―ボンベイ グリーン(Bombay Green), チャウサ(Chausa),ダシェハリ( Dashehari), ラングラ(Langra)

タミルナードゥ州(Tamil Nadu)―バンガナパリ(Banganapalli),バンガロラ( Bangalora), ネールム(Neelum),ルマニ( Rumani),ムルゴア( Mulgoa),アルフォンソ( Alphonso), トタプリ(Totapuri)

ウッタルプラデシュ州(Uttar Pradesh)―バンガナパリ(Banganapalli),バンガロラ( Bangalora), ネールム(Neelum),ルマニ( Rumani),ムルゴア( Mulgoa),アルフォンソ( Alphonso),トタプリ( Totapuri)

ウエストベンガル州(West Bengal)―ボンベイ(Bombai),ヒムサガル( Himsagar),キシェンボグ( Kishen Bhog),ラングラ( Langra),ファズリ( Fazli),グラブカス( Gulabkhas), アムラパリ(Amrapalli),マリカ( Mallika)

実際はインドには500から1000種類のマンゴーがあります。すべてのマンゴーを説明するのにはちょっと時間が足りないかもしれません。インドの歴史を紐解くと20種類ほどのマンゴーが知られてきました。



「お母さん」そう言うと、彼女のひざから素早く飛び降りました。そして彼女の要求は満たされました。「あなたにたくさんのフルーツをあげるわ」彼女はたいそう喜びながら彼にたくさんのフルーツを与えました。

彼女は彼にすべてを与えたかったのです。--フルーツのすべてを--しかし彼の手はとても小さくて二つのマンゴーと一本のバナナしか持てませんでした。彼は手と箱にフルーツを入れ、小さな男の子がするように小踊りをしました。

彼は母の元に戻り、布の上にフルーツをすべて置きました。彼女は友人にフルーツを分け与えました。彼女は配っても配ってもなくならないフルーツにとてもいい気分になりました。 彼女はすべての牛飼いたちにもフルーツを分け与えました。すべての人に分け与えたときフルーツはまだまだ残っていました。

フルーツの売り子にいったい何が起こったのでしょう。クリシュナが彼女のひざに座ったとき、彼女を「お母さん」と呼びました。そのとき彼女はすさまじい悲しみや情熱に打ち勝ったのです。彼女はクリシュナに彼女のすべてのハートと心を与えました。

彼女はしばらくの間動けなかったのです。彼女は信じられないくらい動けず、門の外に座ったままでした。誰もが彼女に尋ねました。「なぜここに座っているのか?」「分からないわ」



インドのマンゴーを取材したい!ならサプタムインターナショナルへお問い合わせください。インドロケのアポイントメント、コーディネートお任せください。日本人スタッフ常駐、日本語が喋れるインド人コーディネーターもおりますのでお気軽にご相談ください。全て日本語で対応いたします。

さてその中でも人気のマンゴーの品種を説明していきます。

アルフォンソ:それはハポーという呼び名でも知られています。インドや海外でもっとも愛されている品種の一つです。あなたが好きなマンゴーがいくらなのかインド人に聞いてみてください。彼らはこう答えるでしょう。「オッケーわかったよ。まずはアルフォンソを食べてみてよ」 マハーラシュトラ州、グジャラート州、カルナータカ州などで芳醇で香り高いアルフォンソが取れます。マンゴーを切るとき、繊維質が少ない果肉にもかかわらず、きれいな状態のクリーミー感を保ったままで切り分けることができます。



バンガナパリ:またもう一つの繊維がすくないこの種は南インドでとれます。様々な黄色い色合いを持っていて、ほどよくジューシーなものが取れるとある場所から降り注ぐように集まってきたこのマンゴーは、多様な果物が取れるアンドラ・プラデシュ州からの贈り物です。


インドの様々なマンゴーを取材したい!なら当社へお問い合わせください。リサーチ,通訳,カルネの手配,撮影許可の手配はお任せください。

サロリ/ボンベイ・グリーン:北インドやパキスタンでは人気のある種です。マンゴーシーズンの比較的早い時期に取れ、甘いボンベイ・グリーンのマンゴーはその香りとともにパックされ出荷されていきます。


チャウンサ:この種はアルフォンソについでの売上高を誇るマンゴーで、栽培農家の間でもとても人気があります。この名前は1540年から1545年の間に君臨したムスリムのスリ王国の君主シェル・シャ・スリによってつけられました。このマンゴを彼はとても愛していたのでマンゴーの王様と呼ばれています。北インドとパキスタンで6月の早い時期から8月の終わりにかけてがシーズンです。

Copyright@ サプタム インターナショナル 、インド