インド取材.撮影.インドでのリサーチ.アポ.PR.ロケトータルサポート.販促プロモーション.TVCM.PV製作.映画製作.インド大使館取材許可
ホームページ: http://indoaaa.googlepages.com http://bangaloremedia.jp/ Email: indiafilms@vsnl.net
当社のネットワーク

35年間体を洗っていない男性 in Varanasi

【5月13日 インド・バラナシ(Varanasi)】

インドの聖地のバラナシ(Varanasi)の郊外に、35年間体を一切洗っていないという男性がいる。その理由は「男の子を授かりたいがため」のようだ。

  7人の娘を持つカイラシュ・シン・カラウ(Kailash Singh Kalau)さん(63)は、毎晩、たき火のそばに片脚で立ち、マリファナを吸いながらシバ神への祈りを唱えている。彼は、体を洗ったり歯を磨いたりといった行為をずいぶん前からやめており、こうした「火の風呂」と呼ばれる儀式を続けている。

  「(火風呂は)水で体を洗うようなもの。細菌を殺し、病気への感染を防いでくれるのです」と語るカラウさんは、5年前に兄弟が亡くなった時でさえ、ガンジス河(Ganges)での沐浴を拒んだ為に、家族の怒りをかった。

  カラウさんは振り返る。「なぜ始めたかはよくは覚えていないけど、(体を洗うことをやめたのは)35年くらい前のことかなぁ」

  そのツケはやがて訪れることになった。かつては食料品店を営んでいたのだが、彼の「不健康な人となり」のせいで客足がぱったりと途絶え、店をたたまざるをえなくなったのだ。彼は現在、畑を耕して生活をやりくりしている。

  1年を通してたった2枚の服で着回しをしているというカラウさん。自らに課したこのような誓いは、「国家のため」だと言う。「国が直面しているすべての問題が解決した時には、誓いをやめますよ」

  しかし、チャタブ(Chatav)村の住人たちは、カラウさんの「風呂ボイコット」には別の理由があると言う。ある男性は次のように語った。「占い師がかつて、彼に、風呂に入らなければ男の子をもうけることができる、と予言したんだよ」

  インド人の大半は、「稼ぎ手」である男の子の方を好む。というのは、女の子は結婚する際に花婿の家族に持参金を支払わねばならないなどの理由で、「お荷物」と見なされることが多いというインド事情が関わっているからだ。

バラナシの写真:http://mediamonkeys.asia/VARANASI.HTML

インド・取材・撮影・旅行・バラナシ(ベナレス)・Varanasi
サプタムインターナショナル http://indomedia.jp/

Copyright@ サプタム インターナショナル 、インド