インド取材.撮影.インドでのリサーチ.アポ.PR.ロケトータルサポート.販促プロモーション.TVCM.PV製作.映画製作.インド大使館取材許可
ホームページ: http://indoaaa.googlepages.com http://bangaloremedia.jp/ Email: indiafilms@vsnl.net
当社のネットワーク

インド版桃太郎のお祭、ダシャハラー祭を見に行こう

------------------------------------------------------
インドでの撮影コーディネートは弊社へ。

インドでの旅行手配や会議の手配もお気軽にご相談ください。
------------------------------------------------------

日本の桃太郎の起源とされるラーマヤナ。
お話としては桃太郎とされるラーマが
鬼とされているラーヴァナをシータ姫(日本には出てきません)
鬼ヶ島(ランカ島ー今のスリランカという説)へ倒しに行くというお話。

登場人物
《ラーマ軍》
ラーマ:日本版の桃太郎で弟と異母兄弟の3人と共にインド国内の王族の元に生まれた
ラクシュマナ:ラーマの弟で、ラーマの次に賢く力強いとされています
-ハムマーン:ラーマに従う猿
シータ姫:ラーマの妻、ランカ島に連れ去られる。

《ラーヴァナ軍》
ラーヴァナ:ランカ島に住む、日本の鬼とされている自分物
クンバカルナ:ラーヴァナの弟で、呪いによって一年の大半を休眠している
インドラジット:ラーヴァナの子魔術に長けている。

物語は、結局ラーマ軍がラーヴァナ軍を倒し
シータを奪還するというお話で終わるのですが、
このラーヴァナ軍を倒した日がダシャハラー祭なのです。


------------------------------------------------------
マーケットでの撮影もお任せください。

インドのショートフィルムを撮影してみませんか?
------------------------------------------------------
2016年は10月11日(火)から10日間続き、
期間中は毎日ラーマヤーナのお話の劇
そして写真にあるようなラーヴァナ軍の3人の人形が倒されて終わるなど、
各地でこのダシャハラーを祝います。

驚きなのは、
日本と違い、お祭りが10日間にわたって続くこと。
国土が広いインドだからこそなせる壮大さですが
、 この壮大さも10月に1回しか体験することはできません。

また街全体が活気に満ち溢れ、
インドならではの色彩豊かな光景も、
この時期にしか目に映すことも、
そして世界中の人の目を輝かせるのも出来ません。


ちなみに弊社オフィスが近い、舞いソール地方でのでのダシャハラーは
マイソールパレスという宮殿の中でとりおこなわれるため、
被写体であるダンスなどもより映えることでしょう!

------------------------------------------------------
インド人のキャスティングも行っております。

同時通訳も行っております。
------------------------------------------------------

Copyright@ サプタム インターナショナル 、インド