インド取材.撮影.インドでのリサーチ.アポ.PR.ロケトータルサポート.販促プロモーション.TVCM.PV製作.映画製作.インド大使館取材許可
ホームページ: http://indoaaa.googlepages.com http://bangaloremedia.jp/ Email: indiafilms@vsnl.net
当社のネットワーク

インドから日本へ観光客を増やすために


グル・グラント・サーヒブ
デリー市内にあるシーク教のお寺。
------------------------------------------------------
シーク教のお寺をリサーチするのもお任せください。

インドのショートフィルムを撮影してみませんか?
------------------------------------------------------


シーク教はモディ大統領の前大統領のシン大統領がしているようにターバンがトレードマークの宗教です。
私もそうでしたが、
小さいときはイメージでインド人はみんなターバンを巻いていると思っていました。

でも、実際にターバンを巻いたインド人は電車の中でも大多数ではなくおそらく100人居たら、
20~30人ぐらいの信仰割合です。


ただ、インドはもともとのパイが多い国なので、2割ほどといっても日本の人口と比べると多いのかもしれません。

------------------------------------------------------
聖者の食卓で使われたアムリトサルの撮影してみませんか?

ボリウッド撮影もお任せください。
------------------------------------------------------

さて、なぜターバンを巻き始めたかというとシーク教を作ったグルジの教えから来ています。
シーク教の方々は、髪の毛やすべて自分がまとっているもの、その全てが神からの宝物だということから男性でも女性でも生まれたままずっと切らず、その髪をまとめておくために、 ターバンを巻いているそうです。

さて結構気になるのはターバンの巻き方。
電車の中でも、街中で見ても、ピシッと綺麗に巻かれています。

しかも服の色にあわせてターバンを変えてる方も結構多く、
おしゃれな方が多いのも事実です。


髪の毛は額の上辺りにお団子をつくり、1枚のタイトな帽子をまずはかぶります。
その後、ターバンを巻いていくのですが、
インターネットの検索でも出てくるように、
綺麗なヒダを器用に仕上げて、あの独特な巻き方が出来上がります。

そして、実はシーク教の女性もターバンを巻くことがあるのです。
女性のターバンの巻き方は男性のまき方と多少ちがい、
高くまくのが特徴的です。

巻いた姿をみると、とても中性的な雰囲気が漂いエキゾチック。

最近ではイギリスインド人の女性が、ひげが生え始めたのをきっかけに
シーク教に改宗し、モデルになってしまったニュースもあるほど

シーク教の女性もとても綺麗です。

聖者の食卓という映画の題材にもなりましたが、アムリトサルにあるゴールデンテンプルは、
シーク教の聖地であもあります。

もちろんデリーにあるシーク教のグル・グラント・サーヒブも中はゴールドで作られていますので、ちょっとでも気になったらぜひご連絡を!

------------------------------------------------------
日本語コーディネートであれば弊社へ。

インドの世界遺産もお任せください。
------------------------------------------------------

Copyright@ サプタム インターナショナル 、インド