インド取材.撮影.インドでのリサーチ.アポ.PR.ロケトータルサポート.販促プロモーション.TVCM.PV製作.映画製作.インド大使館取材許可
ホームページ: http://indoaaa.googlepages.com http://bangaloremedia.jp/ Email: indiafilms@vsnl.net
当社のネットワーク

SURMA ~スルマ~

インドのスルマという言葉はパンジャビ、ウルドゥー語ではスルマ。ヒンディ、ベンガル、グジャラートの言葉ではカジャルというように、南アジアの中でも様々な言葉があることで知られています。
またスルマは化粧品や目薬として使われています。
ほとんどは化粧品として女性が使いますが、時に男性や子供たちが使うこともあります
目をとてもかっこよく、まつげを長くしてくれる効果があり、太陽から目を守ってもくれますさらに母親は産んで直ぐの乳幼児の目にスルマをつけます。
これにはいくつか意味があり、「子供の目を強くさせる」ということや、邪悪な目から守るとも信じられてきました。
女性たちは以下のようにカジャルを準備します。
手順
小さなランプを用意し、純度の高いひまし油に火を灯します。

厚めの皿の端を持ってランプの上でしっかりと炙ります。
しばらくすると、皿はすすだらけになります。


さてこのすすをどのように使うのでしょうか。


まず指先かスティックですくってみます。



女性たちはそれで額の左端に点を描いたり、女性や子供たちの下瞼にアイラインを引いたりすることで邪悪な目から守っているのです。
ブリナザルは文字通りヒンディ語で「邪悪な目」を意味します。
それは人々の欲望とか、男たちが女性を好色な眼で見ることと解釈できます。
黒いマークを付けることで、女性から美しさを幾分か奪うことができます。だから、人々は美しさに嫉妬することはなくなります。
だから人々は美しく着飾る結婚式の時に、あえてスルマやカジャルを施すのです。

Copyright@ サプタム インターナショナル 、インド