ホームページ: http://indoaaa.googlepages.com http://bangaloremedia.jp/ Email: indiafilms@vsnl.net
インド人プロカメラマン 2名
日本人スタッフ デリーに常駐
日本語でお気軽にご相談くだい!


インド大使館取材許可:


≪ご提供サービスの概要

【番組企画】

   ↓

【現地事前リサーチ】

   ↓

【撮影許可申請書作成・許可取得】
     
⇔【在日インド大使館】⇔【インド外務省】⇔【インド関係機関】

(許可取得には7~20日程要します。企画内容・状況によっては、それ以上かかる場合もあります。ですが、当社はいろいろなインド政府関係機関(インド大使館、外務省、法務省など)の方々とつながりがあり、インド政府からの撮影許可などの交渉も無理なくこなせます。)

   ↓

【ロケーション手配】

● 航空券の手配、エクセスバゲッジの申請
● ホテル・国内線・ロケ車などの手配
● 通訳・現地メディアコーディネーターなどの手配
● 現地でのカメラマン・人材・レンタル機材などの手配
● インドの俳優・女優・モデル・エキストラなどの手配
● 空撮の申請・手配


   ↓

【取材メンバーのジャーナリストビザ申請・取得】 ⇔ 【在日大使館】

   ↓ 

【ロケご出発】

   ↓

【ご帰国/編集・翻訳作業】

   ↓

【放送前の事前チェック】 ⇔ 【在日大使館】

(放送2週間前までに、英語によるスクリプトを添付したビデオを在日インド大使館に提出し、許可を得なければなりません。)

   ↓

【放送日】
  

≪必要書類≫

 インドでの撮影許可申請には、正しく記入された以下の書類の原本を、コピー9部とともに提出します。

1. 在日インド大使館宛にレターヘッドを用いて、撮影の目的と内容を記載した文書
  (番組の主旨説明が大切です。書き方と表現に注意して書きます。) 

2.規定されたフォームを用いて作成された以下の3種類の書類

ⅰ. インドでの撮影取材許可の申請書
ⅱ. 誓約書
ⅲ. 保護されているモニュメントを撮影する場合、保護モニュメント撮影許可申請書

3.撮影が保護・規制地域で行われる場合、保護地域特別許可の要請書(規定フォーム)

4.会社のプロフィール(当該会社のレターヘッド用紙で)

5.委任状(企画会社が製作会社に製作を依頼した場合)

6.番組の概要・スクリプト(番組タイトル、放送日、放送時間、メディア媒体など)

7.取材・撮影メンバーの履歴(以下のものを含むもの)

ⅰ. 名前
ⅱ. 生年月日
ⅲ. 国籍
ⅳ. 職業
ⅴ. 組織
ⅵ. パスポートの詳細(番号、発行地、発行日、有効期限)

8.撮影の日程表とロケ地

9.機材リスト(機材の価値を含む)

(注:旅程や機材に変更が生じた場合、その説明書と変更後の文書のコピー9部を再度提出しなければなりません)

Copyright@ サプタム インターナショナル 、インド