インドのカルナータカ州ベンガルール(Bengaluru)の私立病院で、
脳の運動障害を持った男性がギターを弾きながら手術を受け見事成功したそうです!

 

記事の見出しを見て
「全然意味が分かんないっ!」と思ってしまいました。。。
そして何で横の人ピースしてんの!!?
その状況で、アシスタントみたいな人よ、手術に集中してくれよ!!
意識あるなら絶対注意するで、これは!!

 

ビハール州出身のプラサド(Prasad)さん37歳は、
ギターを弾く際、思うように指が動かない難病「ギタリストジストニア」を患っていました。

 

この病気はプラサドさんがギターを弾く時のみ発症していたので、
ブハガワンマハヴィールジャイン(BhagawanMahaveer Jain)病院の医師団は、
国内で初となるギターを弾きながらの手術を行うことに決めたのです。

 

手術後の会見でプラサドさんは手術成功を喜びを表明し、
もともと100%の結果が出ると期待できなかった医師も、
ギターを弾いてくれたおかげで、損傷部分を確実に把握する事ができた、と話しているほど!

 

こんな時代になんてアナログな…とも思いますが、
逆に画期的で、確実な手術成功法としては賞賛に値するのでしょう。

 

でも想像するだけでも痛い…と思う…。
痛いドコロの騒ぎじゃないと思う…。
麻酔無しで、頭蓋骨開けるんですよ…、
意識あるまま、脳みその治療するんですよ…。

 

あの、アシスタントみたいなやつ、
マジでちゃんと仕事してくれ!!(怒)

 

----------------------------
カルナータカ州ベンガルールでプラサドさんの取材、撮影しませんか?
取材・撮影・番組内容に合わせて、リサーチ・ロケハン・交渉致します!!
----------------------------

 

 

 

プラサドさんはさらに、
「手術が100%の結果で私と医師にとっては最高の気分だ!!
私はとても興奮している!
私はまた夢を見ることができる。
以前は指がゆうことを聞かず、
あるコードから別のコードへの指のチェンジが難しかったけど、
今は完全に私の声を聞いて動いている」
と溢れんばかりの喜びを語っています。

 

プラサドさんは左手に問題を抱え、小指を動かすことが難しかった。
徐々に症状が重くなり、
ついにギターを諦めなければならなくなった。

 

プラサドさんは様々な専門家に相談した後、
べンガルールのBMJ病院の医師を紹介されました。

 

滅多にない症状に担当医師は、
プロミュージシャンの間で約1%の確率で発症する障害だと告げました。
さらに治療法について
「投薬治療がうまくいかなければ、手術が次の選択肢となる」


と宣告されたそうです。

 

結果、投薬治療では回復は見込めず、
医師は非常に繊細な脳回路手術を行うと決めました。

 

頭蓋骨に14mmの穴を開け、
局所麻酔をした脳に特殊電極が流されたそうです。

 

今回の治療でかかった費用は20万ルピー(約40万)ぐらいだったそうです。

にしても、無事成功してホント良かったです!!


これからも大好きなギターを存分に弾いてほしいものですね。

----------------------------
インドで話題になった人物にアポを取りも可能です!
取材やインタビューの撮影、番組やドキュメンタリーの撮影もご相談ください!!
----------------------------

 

インドでの取材・撮影にはインド人コーディネーターと日本人コーディネーターでサポートします!
インドの撮影コーディネートはサプタムまでご連絡ください!!